« デヴィット・ウエナム | メイン | カラーの頻度 »

シルバー製品

シルバーを見ていると、なにやら番号がかかれている。
それが「本物のシルバー製品ですよ」という証のようだ。
アレルギーがある人はいいかもですね。
同じように、18金といわれているものは、本当はちゃんと「18K」「K18」って
刻印がなかったらいけない(ってこともないけど)らしいです。
確証がないもんね、あれがないと。
お見せの人が「これは18金です」を信じるしかない。

シルバー製品も同じようなものだけど、なにやら番号がかかれているパッケージだったりする。
なにより、シルバーもゴールドも高いよね。
ただ、高いだけでニセモノだった、ってのは嫌でしょ。

お店の人によーく聞いて、それに答えられないようではそこから買うのは辞めた方がいいかも。
アルバイト店員でも、その上の人がいてその人が答えられないならやめ、
しっかりした対応が出来て(答えられる)いたら安心ではないかな。

シルバー製品、けっこう見てると面白いです。
課は焼きがモノによって違うし、色も微妙に違う。
あういうものって不思議ですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ironwood-snogoers.com/mt3/mt-tb.cgi/68

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2019年08月01日 17:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「デヴィット・ウエナム」です。

次の投稿は「カラーの頻度」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38